ピアニストあれこれ/クラシック・現音・ジャズetc

1 :ギコ踏んじゃった:2011/05/10(火) 18:35:29.16 ID:vP/THioC.net
アルゲリッチ、グールド、高橋悠治、ジェフスキ、上原ひろみ、ユジャ・ワン等
音楽的な テクニック的な 違いなど雑談・・

2 :ギコ踏んじゃった:2011/05/10(火) 20:47:06.60 ID:3p6TFn7G

2

3 :ギコ踏んじゃった:2011/05/10(火) 21:07:29.85 ID:vP/THioC

違うジャンルをあれこれ比較してみても不毛だろうけど・・

この間のBSの上原ひろみを観て、いつ観ても聴いてもスゴイねとは
思うが、ジャズが弾けないし、はっきり言ってよく分かるとこまでは
行ってないオレはちょっと飽きちゃったりするが・・
例えば彼女がクラシックを弾くとどんなもんなんだろうか・・?

彼女のジャズにはヤマハ出身の臭いとか感じないでもない・・

4 :ギコ踏んじゃった:2011/05/10(火) 23:54:18.21 ID:sAxrRVDQ

クラシックピアニストで現音も弾いている人は結構いるよね。
クラ&ジャズはあんまり浮かばないな。ベタだけどグルダ、チックコリアとか。

5 :ギコ踏んじゃった:2011/05/11(水) 00:07:18.16 ID:xN9Sbo1I

クラシックと現代音楽はまー同じ領分だけど
ジャズは随分違うよねー。

以前、YouTubeでチック・コリアがゴルトベルク変奏曲の1varを
練習してるのを見た。
片手ずつワンフレーズ毎にゆっくりくり返しやってる様はほとんどアマチュアに
見える。
ジャズをやる時とは大分勝手が違うのかねー。

6 :ギコ踏んじゃった:2011/05/11(水) 00:41:14.90 ID:YgJcRz2x

ジャズピアニストも最初はきっちりクラシックをやってると思うんだけど。
即興やってると特にバッハとかはつらいだろうね。

ジェフスキのコットンミルやオルンスタインの飛行機上での自殺なんかは
クラシック演奏会でも結構弾かれてるけど。やっぱり現音だ。
ガーシュイン、カプースチンはジャズじゃないんだよね。

7 :ギコ踏んじゃった:2011/05/11(水) 01:14:59.04 ID:xN9Sbo1I

クラシックの人のジャズはあまり面白くない。
グルダにしても或いは即興演奏やってるモンテーロとかいう人・・

ジャズの人のクラシックは聴きたいと思うが
結果、小曽根でもコリア、ジャレットもそんなに面白くない。

昔、高橋悠治がジャズらしきものをやったが、クルト・ワイルとか
なんかヘンチクリンではあったが、それなりに面白かった。

8 :ギコ踏んじゃった:2011/05/11(水) 20:45:11.44 ID:YgJcRz2x

小曽根さんのモツコン、カデンツァがオリジナルで面白かったけどなぁ。

9 :ギコ踏んじゃった:2011/05/12(木) 00:46:25.24 ID:tP14GGd9

小曽根さんのカデンツァってそこだけジャズ風でしたっけねー。
テレビで塩谷哲とやってるのを観たけど、この人も上手いなー。

ジャズの人がやるのは何故かモーツァルト、 あとバッハとか・・
まー分かるけど、 オレはドビュッシーとか聴いてみたい。

ジェフスキは「不屈の民」のDVD買ったけど  上手いなー。
昔、確か生で聴いたはずなんだけど、 何故かよく憶えてないw
舞い上がってたのか・・?

10 :ギコ踏んじゃった:2011/05/12(木) 08:27:04.10 ID:MHIl7C5s

>>3

クラシック、無理でしょ。
ジャズにしてもそうだけど、あの音の汚さはどうにもならない。

11 :ギコ踏んじゃった:2011/05/12(木) 19:36:34.17 ID:H2Ca5JGz

Leonard Bernstein playing rock music

12 :ギコ踏んじゃった:2011/05/12(木) 20:53:02.86 ID:tP14GGd9

>>10
音は別に汚いとは思わないけど・・
音色的には個性的とも言えないし、ジャズっぽくもないから
そこらへんが物足りないとこで・・

クラシックピアニストにジャズが弾けないのは、大方そうだろうし
一方ジャズの特に上原ぐらいのテクニックだったら
どのくらいクラシックに通用するのかしないのか
或いは一味違うものが聴けるのか・・
恐らくは凡庸なものになるかもしれない。

この人は早弾きに拘ってるのか、それがスタイルなのか知らないが
じっくり聴かせるのってあんまりなさそうな・・

13 :ギコ踏んじゃった:2011/05/12(木) 20:54:46.65 ID:tP14GGd9

>>11
バーンスタインとかプレヴィンとかいたね。
クラ・ジャズ両方やる人が・・

この人たちなんかほとんど両立してるだろうな・・
例外中の例外かな?
プレヴィンはN響とのモーツァルトとかよく聴くけど・・

ちなみに指揮者のピアノも好きです。
ショルティとかサバリッシュとか・・

14 :ギコ踏んじゃった:2011/05/13(金) 15:26:10.84 ID:j699+wto

アムランはどう?

15 :ギコ踏んじゃった:2011/05/13(金) 23:38:40.93 ID:8nLhAbSk

アムランはグールドと同じく異端だけど、選曲ではもっと異端だな。
王道とは言わないまでも、オレの好きなバッハ、モーツァルト、フランス物など
弾いてくれれば聴きたいが・・

「オールアバウトミュージック」というDVDに「水の反映」が入ってたから
買ったら途中までだった。
結構ステキなドビュッシーだったから・・ CD探したけどないみたいだ。

端正で清潔なタッチで超絶技巧をやっちゃうけど、生き生きとしたノリに欠けるから
好みではない。
「不屈の民」も弾いてるみたいだが、その理由で聴きたいと思わない。
ニューヨークスタインウェイ(多分)を弾いてる映像があったが
グールドやホロヴィッツのキレのある音ではなく
平均的な音だった。

話もグールドほど面白くはない。

前BSで録ったアルベニスは割りと好きだ。

16 :ギコ踏んじゃった:2011/05/20(金) 00:11:31.52 ID:hl5DHTmB

ジャズは結局実践だろうから、能書きタレてもしょうがないが
耳コピ出来なければコピー譜でも何でも練習すれば
やらないよりはマシかもしれない・・

でも、それをやるんだったらクラシックの方がずっと面白いし
圧倒的に曲の種類も数も多い。

結局両方は出来ないんだよなー。
ジャズはその種の訓練をやらなきゃならない・・
坂本龍一なんかでも、まともには弾けないんじゃないか?  らしくは弾けても・・

即興演奏は結局訓練なんだろうな。
もしくは好きでそればっかりやってれば・・
あれはやっぱり確固たるハーモニー感がないと、養わないとダメなんだろうな・・
そういった意味では、あらゆる音楽を操れる、それ風のシークエンスを繰り出せる
映画音楽の作曲家とか、例えば宮川彬良のような人はうらやましい。

ジャズが好きな人って、アドリブラインの面白さとか違いとか
分かるんだろうか・・?

17 :ギコ踏んじゃった:2011/05/21(土) 17:54:15.85 ID:3+4FCKMh

そこでブギウギですよ
理論的な覚えるべき部分も少ないし

18 :ギコ踏んじゃった:2011/05/22(日) 00:57:43.94 ID:D6gHLwR+

ファジル・サイはクラシックでも一流だけど、そっから飛び出したい意向も見えるね。
現代のグルダ?即興もしてたはず
日本の松本和将さんとかも即興してた。チェンバロでバッハの平均律とか録音してる
シュタイアーも古楽に則った即興を行うとか。トン・コープマンとかかなり無茶な即興
してるようにも思える。

クラ・ジャズの両刀使いなら、まずはプレヴィンかな?ただ、この人のジャは
意外と評価低いらしい(高いと言う人もいる。どっち?)
ティボーデがビル・エヴァンスとデューク・エリントンを弾いてるけど、即興がなくて、
ジャズが好きな人に言わせればそれではジャズではないらしい。
サンソン・フランソワはプライヴェートでジャズピアニストやってたとか。

19 :ギコ踏んじゃった:2011/05/22(日) 01:13:04.73 ID:D6gHLwR+

あと、大御所グルダ。
ただ、この人のジャズはどんな人でもくそみそに言ってるのが残念。
この人の平均律はジャズ的?な躍動感に満ちていて素晴らしいと思うんだけどね。

ジャズピアニストの方からではキース・ジャレット。
平均律とかは平板で評判悪いけど、俺はこの人のヘンデルを聞いて印象が変わった。
ヘンデルと思わなければ良い演奏だと思う。ルー・ハリソンの曲とかも弾いてるらしい。
チック・コリアはさすがに論評の対象にはならないでしょうね。ジャズは良いけど(ヴィブラフォンとのデュオが良かった)。

知りあい(ジャズに無茶苦茶詳しい)に聞くと、ミシェル・カミロというメカニックに非常に優れたジャズピアニスト
がいて、この人もクラシック方面で活動してるとか。ほかに、エンリコ・ピエラヌンツィという
ジャズピアニストはイタリアのフロシノーネでピアノ科の教授を務めているそうな。
また、アルド・チッコリーニに師事したJ・ミラバッシというジャズピアニストもいるらしい。

20 :ギコ踏んじゃった:2011/05/22(日) 01:19:49.66 ID:xTV6LpF2

フランソワのジャズ好きは有名だね。奏者とも親しかったようです
ホロヴィッツもオスカー・レヴァントと並んでジャズクラブに入り浸っていましたね
アームストロングとかも生で聴いたりしていた模様

21 :ギコ踏んじゃった:2011/05/22(日) 01:20:40.90 ID:D6gHLwR+

クラ・ジャズ両刀使いの隠し玉としてはローランド・バティックという
人がいるらしい。グルダの弟子で本職はクラシックなのに、むしろジャズピアニスト
として有名とか(みんな知ってた?)

個人的に最近気になる存在がマーカス・ロバーツという黒人ジャズピアニスト。
小澤征爾と組んでガーシュインの曲を弾いているけど、あ!ジャズの醍醐味とは
こういうものか!と分ったような気がした。テクニック的にはそんなにうまくないんだけど、センスが素晴らしい。

それと、シャイーがステファノ・ボラーニというジャズピアニストと組んでガーシュイン
のCDを出したけど、これも気になる。このガーシュインをジャズピアニストに弾かせると
いうのは最近のブームみたいだけど(日本で多いですね)、これは小澤征爾が始めて広まったような
気がするんだけどどうだろう?

22 :ギコ踏んじゃった:2011/06/04(土) 19:43:22.64 ID:dRGGIxDB

>>17
稲森康利って人の「ジャズ・ピアノ・スタンダード」という
結構たくさん入ってる曲集買いました。
割と楽しめそうです。

昔から何年かに一度、思いついたようにジャズの理論書やら楽譜を
買ってはちょっとカジッてそのままにしてあります。

23 :ギコ踏んじゃった:2011/06/04(土) 19:44:46.42 ID:dRGGIxDB

>>18
いろいろ名前を挙げてもらってありがとうございます。

知った名前も知らないのもありますが・・
ファジル・サイはちょっと民族色が強くて苦手です。
「春祭」の一人連弾はちょっと興味ひかれましたが・・
バロックの即興はジャズのアドリブとは違って型通りですよね。
バッハの即興だったら聴いてみたいですw

挙げてもらったジャズ系の人はYouTubeで観た範囲では
ミラバッシて人が割りと好きかも・・
ヨーロッパ系の人ではゴダールの映画で聴いたマーシャル・ソラールが
好きです。
いわゆるヌーヴェルヴァーグのクールだけど熱くて、激しいけどメロディアスな
ピアニズム・・

オスカー・レヴァントは「巴里のアメリカ人」で観た時はスゴイなと思った。

24 :ギコ踏んじゃった:2011/06/04(土) 19:46:37.44 ID:dRGGIxDB

自分でクラシック・ジャズと言ってる割に好きなピアニストは
結局それぞれの王道ともいえる定番?ピアニスト・・
つっても気まぐれに聴いてるだけなのでソニー・クラークとかミシェル・ルグラン
ビル・エバンス、モンク、パウエル・・

このローランド・バティックという人なんかYouTubeで観たかぎりは
グルダといっしょでクラ・ジャズの中途半端な印象しかない。
やってる音楽自体はジャズなのか、クラシック、現音はっきりしてるのが好きかも・・
結局ジャズが分からないから(ホントの意味で)、その即興が出来る人が
クラシックをやったらどうなのか てことに興味がある。

ま、でも今まで聴いたかぎりでは想像の範囲内・・
この間、テレ東で上原ひろみドキュメントで(まだよく観てないが)
イタリアのオケと「ラプソディ・イン・ブルー」やってた。
ここではクラシックの指揮者とのちょっとしたギャップが面白かった。

25 :ギコ踏んじゃった:2011/06/07(火) 00:18:24.27 ID:CUadfOBm

稲森康利のジャズ曲集
結構楽しい。

この人のは前にもちょっとカジッたことがあるが
アレンジが巧くまとまっててジャズフィーリングを手軽に楽しめる。
これやると、いわゆるテンションコードの豊潤さが良く分かる。
ドビュッシーやラヴェルよりも音が多くて
単純に縦の響きだけだったらこっちが魅力的かも・・

1個のコードだけで音楽的に完結してるような・・
つまりクラシックが時間軸で展開、発展してくのに対して
ジャズはほぼ縦の響きだけで成立してるように見える。
テンションコード1個の離れた音程は調機能を十分かつ魅力的に分からせる。

なんかこれ弾いてるだけでジャズの手癖が身についちゃったりしてw(甘い)
ルグランの「おもいでの夏」やら「シェルブール」やら
他に知らない曲でも響きだけでゾゾッとくるのやら・・

26 :ギコ踏んじゃった:2011/06/08(水) 23:39:55.76 ID:wgGo17+P

いつもの錯覚だと思うけどw

上に書いたジャズのコードをかき鳴らしていると
耳が豊かになったような気になる。
調感覚や和声感覚が敏感になった気がする。
この後に、クラシックの曲を弾くとドレミが有機的に聴こえてくる。
弾きやすい。

ピアノを学習する際、初歩の内からこういうのをやったらどうだろう。

27 :ギコ踏んじゃった:2011/06/10(金) 16:04:00.88 ID:/q8IJmJl

クラシックの基礎連にジャズとかアドリブを取り入れるのは良い方法かもね。
普通にクラシックの練習してても和声の流れがどうこう、なんて案外意識しないし。
旋律がここでこうなって、ここでまた出てきて、なんて風に旋律を線で追っていくことは
良くやるけどさ。でも、いわゆるコードとか機能和声に関しては当方ちんぷんかんぷん。
本当はこれではいかんはず。

ジャズピアニストはどんな旋律でも、単旋律であっても聞いた瞬間に機能和声を即座に
把握できるという話を聞いたことがあるけど、正直凄いと思う。

28 :ギコ踏んじゃった:2011/06/10(金) 22:13:14.58 ID:1EphDEDo

例えば バイエルのドレミはこれ以上ないというぐらい味気ない。
無機的・・
ドはハ調のドでしかない。
モーツァルトだともうちょっと和声も複雑になるし、色が出てくる。
ドがちょっと離れた調のドになることもある。
が、ドレミが単調に感じることもないではない。

このジャズ曲集のコードは立体的に響き、複数の調を感じさせる。
違う調、離れた調を同時に感じさせるということは
反発する磁石といっしょでそれぞれの音が主張してくる。
より調を感じさせるし、個々の音が複数の調を暗示させることで
有機的に聴こえてくる。
ドの音はハ調のド以外のいろんな働きや色合いを持ってくる。
ポジションもあるけど重層的で響きもいい。

耳の訓練にいいかも・・
ちょっとした和声のエチュード的曲集としていいかも・・

いつも練習してるクラシックの曲も違う感覚で弾けるかもしれない。
というような期待を持ちつつ、ジャズの響きを耳になじませることで
何か変わるんじゃないかとここ数日やっております。
まー、いつもの思いつきw

29 :ギコ踏んじゃった:2011/06/18(土) 18:12:03.54 ID:La4vJL2L

ピアニストじゃないけど、日本の曽根麻矢子さんって素晴らしいチェンバリスト
だと思う。フランス組曲聞いて感動!チェンバロで弾くバロックは本当のバロックを聞いた気分。
チェンバリストのスレはないのかな。

一方、以前グールドのチェンバロを聞いたときは、音が悪いし落ち着きないしでがっかりした。
やっぱりピアノとチェンバロは別物なんでしょうか。
でも、ネットではグールドのチェンバロを褒めてる方もいらっしゃる。私の聴き方が変なのかな。

30 :ギコ踏んじゃった:2011/06/18(土) 21:09:06.34 ID:K2WjkbBu

チェンバロは一時期結構聴いた。
もちろんCDだけど・・
ゴルトベルクだけで20枚近くとか
平均律10数枚とか・・
これはいいっていうほどのモノが見つからなかったから、もうやめた。
まず、使われてる楽器と多分録音によって音色が様々・・
あんまり派手な音は好きではない。
演奏は古楽奏法に固執したようなのが、結局あまり好きになれなかった。

グールドの弾いてるチェンバロは多分モダンなやつかな?
半分お遊びみたいなもんでしょう。
オルガンで「フーガの技法」弾いてるのもあんまり好きじゃない。
グールドはやっぱり、あのキレのいいピアノ、N・スタインウェイでの演奏でしょう。

33 :ギコ踏んじゃった:2011/06/19(日) 00:37:32.13 ID:CnEymeyY

別にジャズにのめり込もうってことはサラサラないが
たまたま、このスレの流れからかここんとこジャズのことを考えている。

昔、1,2年ほどLPを買い漁ったりしたことはあったが
徹底してファンになることは結局なかった。
よく分かるとこまでいけないってのが理由だが・・

例えばバッハやドビュッシーを聴くと、その音や響きからある種の芸術的感興
てやつが湧いてくるが、ジャズはあのジャジーな雰囲気以外これといった
感動がない。
今日フト思ったんだけど、ジャズのアドリブは純粋に音の遊び
それ以外の何も含み得ないんじゃないか・・
何も表してない。
今、テレビでマーラーの10番アダージョをやってたが
調性ギリギリの引き裂かれるような響きは精神に強烈なインパクトを与える。
ジャズの似たようなコードは一瞬の心地良い響きでしかない。

ジャズが純粋な音の運動であるとすると、もうそれを聴き取れるようにするしかないな・・
ある調の中で個々の音がどう動いているのか・・

だいたいジャズはなんでアドリブありきなんだ?
クラシックの世界ではとうの昔に廃れたというのに・・
19世紀の、作曲家が名演奏家であった時代があって
それから音楽が複雑になるにしたがって作曲家は演奏家ではなくなる。
ジャズはいまだに名人芸を披露する同じスタイルを維持し続けてる。

35 :ギコ踏んじゃった:2011/06/20(月) 00:18:20.62 ID:cVOiyg7F

オレも一時期ジャズにハマッテタ頃は
いわゆるメインストリームのものより、ちょっと外れたぐらいの
魂揺さぶられるようなw エリック・ドルフィーの情念の叫びのようなやつとか
フリーに近いようなのやフリージャズやモンクの個性的なのや
レスター・ヤングやビリー・ホリデーの心に語りかけてくるやつ
そういうのが好きだった。
そういうフレーズは感性で聴き取れるっていうのか・・

でもやっぱりジャズの主流はビバップと言われる半音まじえたスケールや
アルペジオの断片らしきものを縦横無尽に駆け巡るアドリブ合戦・・
クラシックのメロディの概念とは違う、別物・・
これが肌で分からないとジャズはやっぱり分からないんじゃないかと思う。

一番不思議なのは、この複雑なアドリブがいつともなく出来上がってきた
ということ・・
比較的黒人中心のジャズの世界で、米社会の下層にあたる人達の間で
急激にあの複雑な音楽が出来上がってきたというのが最大の疑問・・

38 :ギコ踏んじゃった:2011/06/21(火) 01:49:22.82 ID:hUi8R2Ut

ジャズの初期の頃から白人も混ざってたってのは知ってるし
或いはクレオールとか・・
まー、そこらへんよく調べたことはないけど

でもジャズを推進してきた中心メンバーは黒人だと思うし
その中の重要な人達がクラシックの教育を受けたとは思えないんだけど・・
例えばパーカーなんかどうなんだろう・・
後年現代音楽聴いてたようなことは読んだ気はするが・・

クラシックを知ってて、楽譜が使えるんなら
もっと積極的に使って、ジャズの進化に何か違う影響を与えた気がするが・・
せいぜいビッグバンドやらそういった編曲の範囲内に留まってる。
まー、今はジャズの教育には有用だが・・

要は知りたいのは・・ 何だろうw
クラシックを、ドビュッシーやラヴェルのハーモニーを熟知してる人達が
ジャズを発展させた中心メンバーだとすると
ルールにはのっとってるかもしれないが、複雑な感覚的とも思えるアドリブラインと
そのクラシックの語法が容易に結び付かないんだよなー。

まー、昔のハリウッドあたりの映画音楽とか聴くと何となく分かるような
気はするが・・

グールドのノリは て言うか、ノッテルのは間違いないけど
ジャズ的とはあまり思わないです。
ただ、あのタッチにはホレボレする。
すべてをコントロールしようとしているし、実際してるし・・
アルゲリッチはちょっと違うけど、似てるとこもあると思う。
グールドは上方に力を抜くけど
アルゲリッチは叩くことで抜く。

キース・ジャレットは昔何となく聴いたけどオレとしてはイマイチ・・
手堅い、無難な印象しかないなー。

39 :ギコ踏んじゃった:2011/06/23(木) 01:49:19.72 ID:G/s1YK8V

しつこくジャズ

>>37さんにあっさりと断定されちゃうと、なるほどねー
と思えないでもない。
デマというよりは、思い込みやちょっとした偏見かもしれない。

Wikiをざっと見てみたけど
クラシックの教育と言っても、教育と言えるほどのものより
子供の頃ちょっとピアノを習ったとか、親が酒場のピアニストだったとか
そんなもんじゃないかな・・

考えてみれば、ジャズの最初の隆盛はバンド、ビッグバンドだったから
そこで多少なりとも譜面になじむってことはあっただろう。

ブルースの半音の扱い(民族音楽的な)、感覚から、それに平均律が
上手く結びついてアドリブが複雑化していったということはないんだろうか・・

それはともかくも、手始めにブルースからやるってのも楽しいかもしれない。
カッコイイし・・
でも、ブルースミュージシャンはブルースミュージシャンでしかないし
そこからジャズへいったってことは聞かないし・・
別物かな・・

でも、要は オレがジャズがそんなに好きかというと
そうでもないw

43 :ギコ踏んじゃった:2011/06/24(金) 18:11:39.47 ID:sPvbzVI/

駄洒落が続くとロクなことないんで心配

44 :ギコ踏んじゃった:2011/06/24(金) 18:27:42.40 ID:VLSziH/B

だいじょうぶ

>>42  スレ主だからw

45 :ギコ踏んじゃった:2011/06/24(金) 20:47:36.11 ID:CVguB/Iz

クラシックとジャズのピアニストだけが論じられてるようだが、
スレタイを素直に読む限り、ピアニストオールジャンルなんだよね?
クレイダーマンとかギャニオンもOK?フルボッコにされそうだからあえて論じたいとは思わないけど。

加古隆とかってどうなん。
小曽根真のモーツァルトってどんなもん?

49 :ギコ踏んじゃった:2011/07/04(月) 00:51:36.96 ID:WxQ9U3nT

続きます

実例を挙げていきます。
デューク・エリントン、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、ハービー・ハンコック、
ウィントン・マルサリス、バド・パウエル、オスカー・ピーターソン。

あえて黒人だけを挙げました。ジャズを聞いたことがある人なら誰でも知っている人たちでしょう。
上記の人は一人の例外もなくクラシック出身です。クラシック出身者がこれだけ固まる
のは偶然とは思えません。

55 :ギコ踏んじゃった:2011/07/08(金) 23:46:49.98 ID:8QuZ5rmC

驚くなかれ!ブーニンは山下洋輔と共演したことがある!!
ブーニンは山下のfanらしい。

クラシックは怖いね〜。シュトラウス兄弟がウィンナワルツを
クラシックに仕立て直しましたよね。でも、その結果、オリジナル
のウィンナワルツはほとんど絶滅してしまったかも。
今やピアソラが同じことになりそうです。いつのまにかピアソラが
タンゴの音楽家だったという経歴はほとんど黙殺されつつある。
その陰で相変わらずオリジナルのタンゴはほとんど聞かれることがない。
ウィンナワルツの二の舞か?

58 :ギコ踏んじゃった:2011/07/13(水) 02:59:54.17 ID:tuSlSwci

ttps://twitter.com/terupianist

59 :ギコ踏んじゃった:2011/07/13(水) 10:05:02.71 ID:P0bUyDuy

Benjamin Grosvenor

あっちで結構注目されてる18歳

61 :ギコ踏んじゃった:2011/08/23(火) 01:09:48.63 ID:aucZcmSk

ジャズピアノの巨人と言うと
アート・テイタムやバド・パウエルということになるんだろうか・・

ここんとこ楽譜見ながらYouTube聴いたり、改めてCD買ったりして
ちょっと入り込んでる。
実はしばらく弾きこんでみようかと思ってる。
アドリブ云々は毛頭アタマにないが(出来ればそれに越したことはない)
楽譜を見てるとクラシック的?なアプローチで出来そうな気がする。
というより、それしか方法がない、一番手っ取り早い・・
もっと言うと弾きたくなってきた。

テイタムやパウエルのピアニズムに惹かれてきた。
楽譜からそのピアニズムやひいてはジャズの言語に近づけるかもしれない。
クラシックとは遠そうで、実際はそんなに違わなくないかもしれない。

テイタムのタッチからは往年のクラシックのヴィルトーゾの匂いがするし


パウエルの「オータム・イン・ニューヨーク」の譜面ヅラだけだと
ラモーか何かの趣(違ったっけ)、響きはキッカイだが・・スウィングなしに
きっちり弾いてる・・

http://www.youtube.com/watch?v=n0rY9qrWdfY&feature=related

ハンプトン・ホーズの楽譜も買ってきた。
この人も巧いねー。
端正なタッチ・・
http://www.youtube.com/watch?v=1xIT424mcwQ

でもスゴイのはこういうのをコピーした人w
音源も古いだろうし・・

しかし、まるで代理ブログだなw

62 :ギコ踏んじゃった:2011/08/23(火) 01:15:54.87 ID:aucZcmSk

あー、バド・パウエル/イン・ヨーロッパ

てDVDが観たい。  廃盤なんだね・・

68 :ギコ踏んじゃった:2011/09/25(日) 14:15:12.57 ID:iLZBTj/q

NHKアーカイブス「マイルス・デイビス没後20年」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1316923266/l50

71 :ギコ踏んじゃった:2011/09/28(水) 12:33:54.77 ID:ChqpMQP9

>>70
それを否定すること即ちジャズそのものの否定だから、
君がジャズ聴くのに向いてないってだけの話だよ。
もともとのコード進行を基にどうリハモするか、どうアドリブを展開するか
自分の脳内で行われる即興と演者の即興との違い等を楽しむ音楽だからな。
いわゆる制約の無いフリー即興はそれが楽しめない。

81 :ギコ踏んじゃった:2011/09/30(金) 21:26:47.15 ID:haSDWdGJ

>>80
そこだけ取り上げてうんぬん言う前に
あなたがジャズをどういう風に聴き取ってるか言ってくれないと
つまり、ジャズが分かるとはどういうことか・・

つまり一般にジャズを聴くのは難しい。

クラシックの同曲を違う演奏で聴くってのは
それはそれで楽しみがあるが、それは置いといても
バッハとドビュッシーは明らかに違うが
いや、牧神と海だってかなり違うが
50年代のビバップの演奏の違いは(細かいことは言わないが)
それに比べるとそんなには違いが聴き取れない・・

85 :ギコ踏んじゃった:2011/09/30(金) 23:36:27.79 ID:c0XlGWBD

>>81
>50年代のビバップの演奏の違いは(細かいことは言わないが)
>それに比べるとそんなには違いが聴き取れない・・

おっしゃることはよ〜く分りますw
そうですね、私は奏者間の個性とかクセの違いを聞きわけて楽しんでます。
一流と呼ばれるほどのジャズメンなら、必ず自分だけの声を持っているはずなんで。
クラシックに比べれば微細な違いでしょうが、微細な違いにこだわる音楽鑑賞も
また楽しいんですよ。

上記のように微細な違いにこだわった聞き方をするのもジャズの特徴です。
だから、ジャズにとって奏者が個性を持つこと、自分だけのフレーズを持つことは極めて重要です。
何の個性もない奏者というのは、いくら上手くても本当に聞く価値はないです。
あと、ずっと聞いていくと分るんですが、アドリブにもやはり上手い下手というのが
ありますよ。良く即興でここまでな〜、と感嘆する瞬間がジャズにはあります。

91 :ギコ踏んじゃった:2011/10/01(土) 00:21:28.50 ID:svH3e/C8

>>87
> >>83>>84
> ジャズは聴き取るのは難しい
> てのは分かってもらえないんだろうかなー?

スレ内を「聞き取」で検索してあなたの書き込みらしきものを読んできたがどうにも掴めないね
たぶんあなたからしたらおれは「聞き取」れてることになるんだろう
こちら側から「聞き取れない」という感覚はちょっと理解できない。
おれはあまり耳良くなかったから、ジャズを始めた頃はオルタードとかコンディミからきてると思しき
フレーズの聴音は苦労したね。でも、そういう意味ではないんでしょ?
端的にいえば聞いていてもつまらない、楽しくない、ということですかね?

> 大抵のジャズファンはそれが出来るってこと?
聴き専には厳しいと思います。自分では「聞き取」れている、と思ってる人多いんでしょうけど
正直なところ聴き専の人は、たいていトンチンカンなこと言ってますね。

> 今、どういうコード進行で、アドリブラインはどういう音の選び方をしてる  とか
> それが分かって、且つそれにどういう音楽的感動を得ている  とかが・・

ん?聞き取るってのはこのこと?多くのリスナーは分かってないと思います。
自分は演奏屋なので解ります。よほど特殊な曲じゃない限りコード進行も分かりますし、
なんらかの形でラインの解説もできますよ

95 :ギコ踏んじゃった:2011/10/01(土) 10:16:11.52 ID:svH3e/C8

>>81
> バッハとドビュッシーは明らかに違うが
> いや、牧神と海だってかなり違うが
> 50年代のビバップの演奏の違いは(細かいことは言わないが)
> それに比べるとそんなには違いが聴き取れない・・

例えばパウエルもパーカーもStella By Star Lightを演奏してるけど
両方を小学生に聞かせても耄碌した爺さんばあさんに聞かせても
別もんって答えると思うぜ。
何を言いたいかっていうとクラシックとジャズを対比させて
この問題提起は意味無いってことだ

100 :ギコ踏んじゃった:2011/10/01(土) 13:20:52.76 ID:svH3e/C8

バップは分からないって人が多いが、俺がジャズ聴き始めて最初に聞き惚れたのは
ビバップだったね。クラシックもっとも遠いところにあったから違いが解りやすかったのもある。
スイングジャズやディキシーはクラシック全般に比べサウンドが陳腐で即興性もなく
あっても完成度が低いと感じたし、テイタムのようなラグタイム的ソロピアノも
テクニックはそれなりだが曲が陳腐にうつった。

>>96
マイルスは1969年後半に電化後はジャズやってないよ。
あれは狭義のジャズではないから除外でいいw

狭義のジャズでもっとも分かりづらいのはトリスターノ学派、と言われる連中の音楽と
電化直前のマイルスコンボ、プラグドニッケルの一連の作品辺りかな。
ソレと比べたらバップなんて分かりやすいよ。
でも、分かりやすいメロディに情感漂わせて演奏してるのが素晴らしいと思う人が
バップ聞いても良いとおもうわけないだろうけどw
バップ弾きにとってメロディなんて刺身のツマみたいなものだから。

なんか勘違いされると嫌だからいっとくが俺はジャズ原理主義じゃないからね。

269件をまとめました。
最新情報はこちら